最近は楽しい想像をしていますか?

子どもの頃は、いつも何かが起こるかもしれないとワクワクしながら遊んでいましたよね。

最近はどうでしょうか?毎日をこなしているだけではありませんか?

 

子どもの頃は、なぜあんなにも毎日が輝いていたのでしょうか。

誰でも子どもの頃にお父さん、お母さんに絵本を読んでもらったことがあると思います。

子どもの頃に絵本を読んでもらうと、本に対して興味を持つことができ、自分から進んで絵本を読むようになります。

すると、自然と新しい言葉を覚えることができ、ちょっとずつ難しい本も理解できるようになってきます。

主人公の絵を見て、想像で動かして、セリフを言わせて・・・これらのことが想像できるようになり、
絵本にはない部分までも補完して想像できるようになるのです。

 

絵本は、活字だけではないので背景を想像しやすく、想像力を養うのにはうってつけですよね。

そうして子どもは想像力がどんどん高まっていくのです。

絵本を子どもに読んであげているうちに、自分も夢中になってしまう方もいるのではないでしょうか。

童心に返って子どもといっしょに楽しんで絵本を読んでみると、また楽しい想像力をつけることができて良いかもしれませんね。