「じゃあじゃあびりびり」と聞いて何のことかわかりますか?

じゃあじゃあは水の音、びりびりは紙の音です。

当たり前のことですが、子どもにとっては聞こえたことを言葉にするのは難しいことなんですよ。

 

「じゃあじゃあびりびり」は、楽しくモノの名前と音と形を結びつけて教えることができる絵本で、
「さんすうあそびえほん」「ころころぽ一ん」「あかちゃんのほん」などで知られるまついのりこさんが作った絵本です。

 

赤ちゃんの身近なものが音と一緒に登場してきて「おしまい またね」で終わるというシンプルな話ですが、
イラストはきれいで見やすい切り絵になっており、
わかりやすくてはっきりした色使いがとても魅力的で子どもに飽きさせない作りになっています。

 

「じゃあじゃあびりびり」を読んであげたら子どもは身近なものの音にもどんどん興味を持つようになりますし、
子ども自信で擬音を作っていえるようにもなると思います。

 

子どもが犬のわんわんや車のぶーぶーなどをマネをしている姿はとても可愛らしいですよ。

リズミカルでわかりやすい絵本なので0歳くらいからがお勧めだと思います。

楽しくテンポよく子どもに読み聞かせてあげて欲しい絵本です。