子どもは絵探しが大好きですよね。

絵の中に隠れたものを見つけるのは大人でも好きな方は多いと思います。

 

「きんぎょがにげた」という絵本は、金魚鉢から逃げた金魚を追いかけていくお話で、
あの有名な五味太郎さんが著者である絵本です。

 

金魚が逃げて、探して、また逃げてという簡単な話なんですが、
きれいで見やすいイラストがたくさんあり金魚はいろんなところに隠れていて、
見つけるのがどんどん楽しくなってきて子どもに飽きさせない作りになっています。

 

文章はとってもシンプルですがイラストは凝っていて、
ページをめくるたびに子どもが必死に金魚を探す姿がとってもかわいいです。

 

「きんぎょがにげた」は何度子どもに読んでも金魚を指差してくれて、いっしょに楽しく読めます。

何度も読んでいると、金魚以外の絵もたくさんあるのでいろんな絵でいっしょに楽しむこともできます。

金魚は最後にたくさんのお友だちのところに帰っていき、もう逃げる必要がなくなります。

金魚の気持ちや、お友だちの大切さも学べるのではないでしょうか。

コミュニケーションがとりやすい絵本だし、気持ちも考えられる絵本なので2歳くらいからがお勧めだと思います。

ぜひ子どもといっしょに楽しんでみてください。