「おつきさまこんばんは」とは何のことかわかりますか?

「こんとあき」「はじめてのおつかい」などで知られる林明子さんが著者である絵本です。

 

夜空にお月様が出てきて、雲に隠されて、また出てくるというだけの簡単な話なんですが、
味のあるイラストで表現されるお月様の表情などにより、物語ではないですが感情移入しやすく
子どもに飽きさせない作りになっています。

 

イラストも文章もとってもシンプルですが、「おつきさまこんばんは」は何度子どもに読んでも
お月様の絵と同じような表情をして楽しんでくれます。

 

お辞儀をしながらこんばんはの挨拶や、雲に隠れたお月様を助けようと息を吹きかけたりと
子どもの愛らしい姿を見ることができるかもしれませんね。

 

絵本に出てくるのはお月様、猫、雲、お母さんと子どもと身近なものばかりなので、
絵本に出てくるものを見たときに絵本を思い出してきゃっきゃと喜ぶこともあります。

 

とてもわかりやすくシンプルな絵本なので0歳くらいからがお勧めだと思います。

魔法のようにきれいで良い絵本なので、ぜひ子どもに読んであげて欲しい一冊です。

 

 
大宮のミュゼ店舗情報はこちら